ストーリー

レベル上限105解放など4.2ストーリー・クエスト情報です

更新日:

真メルサンディ穀倉帯ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ!
バージョン4.2最新情報が2018年5月16日の超ドラゴンクエストXTVで発表されましたね。バージョン4.2のメインストーリーやクエストに関することを紹介します。

メインストーリー

バージョン4.2の冒険の世界はおよそ1300年前のオーグリード大陸に栄えていた、古代オルセコ王国となります。「赤き大地の双王子」というタイトルが表すように、ギルガラン王子とグリエ王子というふたりのオーガの王子が登場しますよ。

メインストーリーはバージョン4.2予告映像で紹介されましたが、ネタバレ要素も強いのでこれぐらいにしておきます。

新しいマップが追加されると、キラキラマラソンや新モンスターなどが気になりますね。

スポンサーリンク

サブクエスト

「若き彫刻家の才能」というクエストが実装され、グランゼドーラ城の勇者の像に関するお話が聞けますよ。

約束の旅人シリーズで、新エテーネの村に新しい住人が増えますね。

時を巡る命題シリーズは「闘士のサインを求めて」というクエストとなっています。

レベル上限解放クエスト

バージョン4.2でレベル上限が105に解放されます。クエストは真メルサンディ穀倉帯にいる星拳士サンサさんから受注できますよ。

バージョン4.2が公開されたら一番最初にやっておきたいクエストですね。上限解放が5レベルとなるので、レベルカンストするまで時間がかかりそうですよ。
※追記(2018/5/30)
レベル上限105解放クエストの進め方はこちらのページで紹介しています。

アストルティアキャラクターズファイル3

アストルティアキャラクターズファイル第3弾は怪盗ポイックリンのお話です。全3話で6月下旬から公開予定です。

どんなお話となるのか楽しみですね。

地図の行き先表示

細かい修正になりますが、地図の行き先表示を設定で非表示にすることがでるようになります。

現在クエストの行き先が強制的に表示されていますが、自分で探したい人もいますよね。設定でどちらにも対応できるのは良いことだと思います。

まとめ

バージョン4.2最新情報からメインストーリーやクエストに関係することを紹介しました。バージョン4.2メインストーリーでは、バージョン4シリーズの大きな謎が明らかになるようなので楽しみにしたいです。

バージョン4.2新武器の情報はこちらのページで紹介しています。
バージョン4.2コンテンツ情報をこちらのページで紹介しています。
バージョン4.2新仲間モンスターミステリドールの情報をこちらのページで紹介しています。

ブログランキング参加中です
ドラゴンクエストX人気ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

アルヴァンとカミル

ストーリー

【4.1ストーリー攻略】無限獣ネロスゴーグとの戦闘を攻略します

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン4.1ストーリー「栄光の勇者と消されし盟友」の最後のボス攻略となります。ストーリー攻略の性格上ネタバレを含む内容となるので、ご注意ください。 秘 ...

鬼岩城

ストーリー

鬼岩城の進み方と狂鬼ドランド公を攻略してきましたよ

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン4.2ストーリーの鬼岩城のギミックを攻略していきます。ストーリー攻略のためネタバレを含む内容となります。 鬼岩城のギミック攻略 オルセコ王国領を ...

バージョン4.0開始場所

ストーリー

スライムエネルゴン討伐からドミネウス邸脱出まで4.0ストーリー冒頭を紹介します

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン4.0ストーリー攻略です。冒険のはじまりから新しいフィールドに行く所までを紹介します。ストーリー攻略なのでネタバレを含む内容となっているのでご注 ...

ドラクエ10気球受付係パルーン

ストーリー

バージョン5.0メインストーリー攻略その1

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン5.0メインストーリー「いばらの巫女と滅びの神」の攻略情報を紹介します。バージョン5.0メインストーリーを開始する所の攻略です。 ストーリー攻略 ...

ドラクエ10殺りくのグレボス

ストーリー

バージョン5.0メインストーリー攻略その9

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン5.0メインストーリー攻略その9です。砂の都ファラザードへ行くためのクエストを紹介します。 メインストーリー攻略のため、ネタバレを含む内容となり ...

-ストーリー
-

Copyright© ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚 , 2020 All Rights Reserved.