ストーリー

スパーキー攻略など王国軍区画のストーリーを開始しました

更新日:

王国軍区画ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ!
バージョン4.0ストーリー「遥かなる故郷へのおはなし」を攻略していきます。今回は王都キィンベルの王国軍区画に向かいますよ。ストーリー攻略のためネタバレを含む内容となりますのでご注意ください。

王国軍区画

ゼフの店のお話を進めると、王都キィンベルの北側の王国軍区画に入れるようになりましたね。王国軍区画にも時空のしるべがあるので、調べてエテーネルキューブに登録しておきました。

王国軍司令部に入り2階の軍団長室へ行くとイベントとなります。その後建物から外に出て、王国軍区画西の転送の門へ向かいます。

王国軍司令部のお宝
宝箱:大地の大竜玉(2階G6宝物庫)

スポンサーリンク

ディアンジの家

どうやら星華のライトというものを作成しなくてはいけないようです。王都キィンベル北東のG3ディアンジの家へ移動します。錬金術師のディアンジさんから、星華のライトの作成に必要な素材を取るのを手伝ってほしいと頼まれました。

ディアンジさんはティプローネ高地の星落ちる谷へと向かいたいようです。これで王都キィンベルの北東からティプローネ高地にいけるようになりますよ。

スパーキー

ティプローネ高地を北に進んで、星落ちる谷へと入るとスパーキーと戦闘となりましたスパーキースパーキーの行動
メダパニーマ(混乱)
バードスラッシュ(4回攻撃)
しゃくねつ
とり捕まえる(オリにとじこめる)

バードスラッシュは前方範囲内に4回攻撃してきます。1撃のダメージは小さいですが、ひとりで攻撃を受けると4回とも被弾してしまいますね。できるだけまとまって、攻撃を分散するほうが良さそうだとおもいます。

スパーキーの行動で特殊なのが、とり捕まえるですね。オリにとじこめられると行動ができなくなります。範囲攻撃を受けると解放されるようですが、ダメージが増加していましたよ。

回復役が捕まると苦戦が予想されますね。わたしは占い師で挑んだので、回復補助にまわっていました。

わたしが戦った構成は占い師サポ戦士戦士賢者でした。メダパニーマの混乱に気をつけつつ、とり捕まえるでひとり少なくなっても落ち着いて戦うことが重要だとおもいます。

星華のライト

スパーキーを討伐したら、王都キィンベルのディアンジの家に戻ります。ディアンジさんに話しかけると、星華のライトの作成が始まります。

星華のライトが完成したら、次は王国軍区画の転送の門に向かうことになりますよ。

まとめ

ストーリにー必要な星華のライトを作成することができました。中ボスを討伐したので、ここで一区切りとしますね。

鳥かごということでしょうか(;´・ω・)

ブログランキング参加中です
ドラゴンクエストX人気ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

不死の魔王城

ストーリー

【4.1ストーリー攻略】不死の魔王城で魔軍十二将邪将トロルバッコス、不死の魔王ネロドスを攻略します

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン4.1ストーリー「栄光の勇者と消されし盟友」を攻略していきます。今回は古グランゼドーラ城に現れた黒猫の後を追いかけていくところからの続きです。ス ...

ムストの町地下

ストーリー

3.5後期ストーリー攻略神墟ナドラグラム編です

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! 3.5後期ストーリー攻略神墟ナドラグラム編となります。ストーリー攻略なのでネタバレを含むのでご注意ください。 前回までのあらすじ ナドラガ教団大神殿より帰 ...

冥闇の聖塔ギミック

ストーリー

冥闇の聖塔の炎をつけるギミックの攻略を紹介します

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! 闇の領界の冥闇の聖塔のギミックを解説していきたいとおもいます。 灯火台と燭台のギミック 冥闇の聖塔では灯火台の炎を火つけ棒で燭台にともすと先に進めるように ...

翠嵐の聖塔解放の間

ストーリー

3.5翠嵐の聖塔解放の間のボスを攻略してきましたよ

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! バージョン3.5嵐の領界ストーリー翠嵐の聖塔のボス嵐魔ウェンリル&黒蛇鬼アクラガレナをサポ攻略してきましたよ。 解放の間 翠嵐の聖塔6階の石碑を調べると昇 ...

グレン城

ストーリー

喪心獣ゾンテドールを攻略してきましたよ

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! 4.2ストーリーの最後のボス喪心獣ゾンデドールを攻略してきましたよ。ストーリー攻略なのでネタバレを含む内容となります。 グレン城選王の儀礼場 現代のグレン ...

-ストーリー
-

Copyright© ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚 , 2018 All Rights Reserved.